恋愛・婚活メディア調査では1.2%…「社内恋愛のきっかけがマッチングアプリ」ってアリ?

公開日: 更新日:

 今どきといえば今どきなんだろう。社内恋愛の相手と知り合ったきっかけが〈利用したマッチングアプリで近距離に出てきた〉。マッチングした相手がたまたま職場の同僚だったというわけ。

 恋愛・婚活メディアの「出会いコンパス」(ナイル運営)が8日に発表した職場での恋愛に関するアンケート調査で、そう回答したのは1.2%とごく少数とはいえ、この結果に対する反応で世代が分かれるらしい。

 恋愛、婚活事情に詳しいライターの日々晴雨氏は「既婚者が不倫に悪用するというのは論外として」と、こう続ける。

「仮にマッチングした相手が同僚だと分かったとします。昭和世代の感覚なら、たとえお互いに独身だったとしても、何となく気まずい思いをする人が多いはず。それは、まだどこかマッチングアプリに後ろめたさを感じているからです。一方で今の20代、30代は〈そういう出会いもあるかも〉ぐらいにしか感じないでしょうし、むしろ同じ職場は〈共通点のひとつ〉とポジティブに捉えるかもしれません」

 それぐらい平成世代にとってマッチングアプリは“当たり前”の存在らしい。裏を返せば、気まずさも後ろめたさもないという昭和のオジサンは気持ちが若い証拠。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今