「会社で花見」3割以下…大企業ほど開催せず、桜はプライベートで楽しむ時代に

公開日: 更新日:

 会社の上司や同僚と、満開の桜の下で大宴会──。そんな光景はもはや過去のものとなりそうだ。

 東京商工リサーチが11日に発表した企業調査によると、今年の「お花見、歓迎会・懇親会」の開催率は29.1%にとどまった。コロナ禍前の2019年の開催率51.8%から、22.7ポイントも下落した。

「参加人数や滞在時間などに制限を設けている企業はわずかだったため、今年はコロナの影響はほぼなくなったと言えます。それでも開催率が元に戻らないということは、企業がお花見を開かなくても特に問題はないと判断したのだと思います」(東京商工リサーチ情報本部の担当者)

 人々の価値観の変化もあるようだ。

「昨年末に行った忘年会・新年会の調査でも、開催率は55%にとどまりました。開催しない理由は『開催ニーズが高くないため』が一番多く、『参加に抵抗感を示す従業員が増えたため』が2番目に多かった。このあたりはお花見の開催にも関係しているのでしょう」(前出の担当者)

 つまり、社員があまり行きたがらないのだろう。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい