新子安「諸星」は働く大人の憩いの場 横浜に2軒だけ残る「市民酒場」でアイラモルトを

公開日: 更新日:

第30回新子安(横浜市神奈川区)

 このコラムのタイトルは「昭和の街が大ブーム」なんだけど、新子安がブームになっているとは思えない。が、昭和な街であることは確か。昭和という時代を支えた労働者の街だからだ。

 武蔵小杉、川崎あたりを飲み歩いていると古い居酒屋は間違いなく働く大人の憩いの場であることがわかる。働く男が家族に見せられない姿をさらせる場所。愚痴、泣き言、色っぽい話……なんでも受け入れてくれる。そんな店が新子安にあると聞いて行かないわけにはいかんだろう。

 アタシにとっては初めての土地。駅の周りは歩道橋や立体交差が多く、うっかりしてると階段の上り下りで痛い目に遭う。国道2本に挟まれ、その間にJRと京急が並行して走っているのだから、そりゃ立体交差も多くなる。この街は日産と日本ビクターの城下町。そんな街で仕事を終えた男たちが寄る店が今回うかがう「市民酒蔵諸星」だ。

 ここは戦時中に酒屋や酒場を整理、統合するために作られた横浜の「市民酒場」。市内に今も残る「市民酒場」は2軒で、諸星はそのうちの1軒である。

 開店の午後4時半になると3代目店主の諸星道治さんが暖簾をかける。と同時に待っていた客が店内になだれ込む。30分もしないうちにほぼ満席。働く人より働き尽くしてリタイアした客が中心のようだ。左側には7メートルほどの対面式カウンター、右側は4人掛けテーブルが6卓ほど。目の前にはずらりと短冊が並ぶ。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽