『ザ・ノンフィクション』婚活回で密着された男性 炎上した「夫婦ならラブホ」の真意を振り返る

公開日: 更新日:

 東京・青山の結婚相談所「マリーミー」の代表・植草美幸氏と婚活中の男女に密着したフジテレビ『ザ・ノンフィクション』(2月4日、11日の前後編で放送)の「結婚したい彼と彼女の場合~令和の婚活漂流記2024~」は大きく話題になった。密着者のひとりである内田さんは再婚希望の55歳。「夫婦ならラブホ」発言がSNSでも話題になったが、お見合い相手の女性たちとの距離感がつかめずに”空回る”姿に親しみを感じる視聴者も多かった。

 現在も、運命の人を探して活動中の内田さん。植草美幸氏との対談形式で、密着の裏側と近年増えている中高年ならではの婚活の現実を振り返ってもらった。

 撮影期間は約8カ月の長きにわたったという。植草氏の服装がノースリーブからセーターに変わっていく様子からも時間の経過が伺えた。番組の密着は20代の男女と50代の内田さんで、いわゆる適齢期の2人とは対照的で年を重ねた世代の婚活市場におけるリアルが垣間見られたが……。

  ◇  ◇  ◇

 ――数ある会員さんのなかで内田さんが密着された経緯を教えてください。

植草美幸氏(以下、植草) 50歳を過ぎると、頑固で人の話を聞かない人も多いのですが、内田さんは自分磨きも含めて努力を惜しまないので、多くの方の参考になると思いました。それに態度は大きいけれど心が純粋で青年のようなところがあって、私の言うこともひとつずつちゃんとメモを取って「気をつけます」と確認していくので、番組のディレクターとも相談して、同世代の婚活中の方や視聴者の皆さんに伝わりやすいのではないかということで密着して頂くことになりました。

内田さん(以下、内田) そうですね。当時、仮交際している人がいたんですが上手くいっていなくて、植草先生にお話をいただいて、「テレビに出るのは千載一遇のチャンス」だと思ったんです。僕が自分では気づけていない部分をいっぱい教えてくれるだろうと。あとは密着されることによって、中高年の婚活がどれだけ大変なのかを伝えるメッセンジャーになろうと思いました。

 僕は寂しさを紛らわすためもあって、友達を作るための社会人サークルに入っています。登録制で500人ほどいて、バーベキューやテニスをやったり、旅行にいったりして、興味ある人たちが集まって楽しんでいます。だけどそのうちの50代は、女性も男性もほとんど結婚していなくて、僕が一生懸命婚活しているのをいくら言っても信じてもらえないから、中高年の婚活がいかに大変か、理解してもらおうと思ったんです。

 あとは、若い頃からずっとスポーツをやってきたので、自分を叩いて気合いを入れる気持ちもありました。僕は決してスタイルがいいわけでもないし、めちゃめちゃイケメンじゃないので努力型なんですよ。叩かれて努力して、成長してきた人間なので顔出しの密着にOKしました。

 番組の前編放送後、内田さんのある発言が大きく注目されることに。シングルマザーの40代女性とのお見合いで、会話が弾んで手ごたえを掴んだはずが、翌日お断りの連絡があった場面だ。旅行についての話題で、「旅館が満室だったら、夫婦ならラブホテルでもいいよね」と話したことで、デリカシーに欠けると受け取られてしまった。

 ――お相手からのお断り理由として「生理的に無理」との厳しいコメントが印象に残った視聴者は多かったと思います。内田さんは植草氏から告げられた後、「ああ、そうですか」と冷静に答えられていましたが、お相手に伝えたい真意が誤解して受け取られた部分もあるのでは?

内田 プロフィールの写真が綺麗な方だったので、すごく嬉しい気持ちでお見合いしたんです。実際に会った後も女優さんのように美しい人でした。彼女は結婚生活について「とても酷かった」と悔やんでおられました。僕は自分自身の結婚が素晴らしかったことを伝えたくて「奥さんが仕事から遅くに帰ってきたら、リフレッシュに外へ連れ出して、車中泊か、夫婦だからラブホテルに泊まって、翌日は牧場へいって馬に乗ってリセットすることもありました」と経験談を話したのですが、なんだかダメになってしまって。

植草 初対面で「夫婦ならラブホ」というのは、女性にはセクハラになってしまう。これが恋人同士ならいいんですけど、初対面の最初の1時間で相手を見定めるとなると、ものすごく厳しい目で見られます。内田さんは熱くなりすぎですから、もっと冷静に話を聞いて次につなげないとね。

内田 そうですよね。あまりに自分のタイプだったからちょっと熱いスイッチが入っちゃいました。

植草 彼女は、お断りするのだけど嫌われるよりも感じ良くして早く帰りたいって思ったから、その後は内田さんを褒め殺し。内田さんはその態度を「すごく気に入ってくれたからよかった」と勘違い。女性は「ラブホテル」って聞いた瞬間にサーっと冷めちゃってるのに。

内田 結婚について熱く語れてよかったんじゃないかなと思ったんだけど、全くそうじゃなかったということです。そこがクローズアップされてしまって。でも、「婚活ラブホおじさん」が取り上げられたから、今の僕があるわけで。結果よかったんじゃないですかね(笑い)

 ――番組後編では、40代後半の中国出身の女性との真剣交際に発展も、「成婚退会」に至りませんでした。

植草 お相手は他の相談所の会員で、内田さんが言っていることと、先方の相談所が言っていることが食い違っていたんです。

内田 彼女とはデートを重ねて僕の家まで来たんですよ。それで将来の話をして「生活費を私が10万円くらい払えばいい?」と僕に聞くので「それではお願いします」と返事をしたんですが。

植草 内田さんは「成婚退会」しているけど、女性の方の結婚相談所は「確認事項がある」からそこまでいっていないと。最終的には「生活費は全部男性が出してほしい、結納金が欲しい、成婚料は女性の分も払ってほしいの」と言われました。結婚生活に対しての考え方は、文化的な違いもあるのでしょう。それでもいいと内田さんは一度は進めようとしましたが、いやいや内田さんが思い描く結婚生活とは違うんじゃないかという話をしてお断りしました。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ