ベートーベンはDNA的には音楽の才能に恵まれていなかった!? 独研究チームが論文で指摘

公開日: 更新日:

 日本では「楽聖」とも称されるドイツの大作曲家ベートーベン。驚いたことに遺伝子的には音楽の才能にはあまり恵まれてなかったという。

 独バンダービルト大学医療センター(VUMC)などの共同研究チームが科学誌「カレント・バイオロジー」に発表した論文での指摘だ。

 ベートーベンのDNA情報は2023年、髪の毛から抽出したサンプルによって判明。研究チームは、それを分析し、ビート同期能力(音楽のリズムやビートに合わせて身体の動かす能力)に関する「多遺伝子スコア」と呼ばれる指標を計算したところ、数値があまり高くなかった――つまり遺伝子的にリズムに関する能力が低かったというのだ。

 研究チームのタラ・ヘネホビッツ氏はこの驚くべき発見についてこう語った。

「DNAに基づく予測とベートーベンの音楽的天才性の不一致は、私たちに貴重な教訓を与えてくれます。なぜなら、DNA検査では、その子供が最終的に音楽の才能に恵まれるかどうかについて決定的な答えが得られないことが証明されたからです」

 ベートーベンは「努力の天才」と呼ばれている。この研究結果はそのことも証明しているかもしれない。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで