「いじめられる側にも問題がある」にモノ申す! フランスと日本における“いじめ対策”の決定的な差

公開日: 更新日:

 お金や教育、家事などの身近なテーマから、政治や環境問題などグローバルなジャンルにおいて、「日本で非常識とされていること」が、実は「世界の常識であること」は意外と少なくありません。それを知れば、日本人の根底にある「価値観の選択肢」を増やすことにつながるはずです。

 ドイツ在住の日本人実業家で、世界に精通する人気インスタグラマーが48例に及ぶ世界のシン常識をまとめた初の著書「シン・スタンダード」より一部抜粋、再構成してお届けします。

◼️フランスではいじめた人は罰せられる

 あるタレントさんが自死したというニュースを見た。自殺の理由として考えられることのひとつとして、「誹謗中傷」が挙げられていた。この国では、誰かが叩かれていると、まるで叩かれている人が悪いかのように扱われる。「叩かれている人」にばかりスポットライトが当てられる。

 だけど、「叩いている人」にスポットライトを当ててみてほしい。ほぼ全ての場合、ロクでもない。名前も顔も出してないのなんて当たり前。言葉遣いも、タメ口なんて当たり前で、「し〇」みたいなことも平気で言う。

 また、リアルな世界でなら、日本では初対面で敬語を使うのが当たり前なのに、ネット上ではそんなしきたりは無視だ。自分の姿が見えない暗闇から石を投げている感覚なのだろう。正直、ダサさの極みだ。ちなみに僕にも毎日のように誹謗中傷のコメントが来る。

 最近、「なんか嫌なことでもあったんですか?」と返答したら、即ブロックされた。

 自分でも恥ずべきことをしている自覚があるんだろう。

 2022年、フランスでは「いじめ」について厳罰化する法案が通った。中学生だろうが高校生だろうが、いわゆる「いじめ」を行った人には罰が科せられるという。最大で、禁錮10年、罰金2000万円以上。いじめられた側が不登校になったとか、自殺してしまったとか、その状況によって、罰則は変わる。

 賛否両論あるだろうけど、僕はこんなふうに厳罰化することには賛成だ。

「いじめ」は、いじめられた側は人生を棒に振るほどのダメージを受けるのに、いじめた側はのうのうと生きていく。そして日本ではまだ、「いじめられる側にも問題がある」というようなことも言われている。フザけるなと言いたい。

 いじめが正当化される理由などあるわけがない。あなたの大切な人がいじめられた側だったら、同じことが言えるだろうか。そろそろ、「誹謗中傷している側にスポットライトを当てる」文化に変えていくべきだ。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた