お墓もハイテク化の時代…ニチリョクが販売代行する「自動搬送式納骨堂」のスゴさ

公開日: 更新日:

 おさい銭の電子マネーやAI僧侶の出現など寺社仏閣のデジタル化はとどまるところを知らない。お墓のハイテク化もどこまで進んでいるのか?

「ニチリョク」(スタンダード上場)が販売代行している「自動搬送式納骨堂」は、参拝室でICカードをかざすと、遺骨の入った箱(厨子=ずし)が参拝口に自動的に運ばれてくる。

 これなら草むしりなどお墓の管理もいらず、コインロッカー型の納骨堂、あるいは遠隔地からのバーチャル参拝のような味気なさも薄れる。

「厨子がセットされる参拝口は、従来のお墓のように見えるデザインのため、今まで屋外のお墓を守ってきた方でも違和感なくお墓に手を合わせてお参りができます」(ニチリョク担当者)

■「タイムメッセージ」で故人からのメッセージも

 それどころか、生前の故人の思い出動画をテレビモニターで見ながら参拝する時代。赤坂一ツ木陵苑では、参拝口全てにデジタルサービス「家系樹」を搭載。故人やその家族の家系図、画像・動画・テキストを登録できるほか、公開時期を指定してメッセージを登録できる「タイムメッセージ」もある。死から10年、「実はお父さんは……」といった仰天告白があるかも。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる