1951年創業「梅の湯」10分3セットが無料に加えて焼き鳥屋とコラボ!

公開日: 更新日:

梅の湯(小台)

 都電荒川線小台駅から7分ほど歩くと、小台本銀座商店街に三角屋根のペンション風建物が目に留まる。1951年創業の「梅の湯」は何と銭湯と焼き鳥屋「梅京」がコラボした、ユニークなスタイル。建物の入り口は3つあって、真ん中のコインランドリーを挟んで左に銭湯、右に焼き鳥屋となっている。

 まずは銭湯で、1階下足場から2階に上がり、券売機で入浴料520円+タオルセット代150円を購入。そう、サウナ代は無料。広いロビーには巨大「いろはカルタ」が並んでいた。「創業当時、脱衣場の天井を飾っていたカルタをリユースしています」とは3代目の栗田尚史さん。レトロなカルタは店の歴史を伝える名物だった。

 イ草カーペットの脱衣場で服を脱ぎ、浴場に入ると天井が高くて開放感バッチリ。カランにはシャンプー類が用意されていて手ぶらでOK。

 湯は地下約80メートルからの井戸水を使用。銭湯では珍しい高濃度水素風呂から楽しんでみよう。湯船が広く、泳ぎたくなるが、もちろんいけません。40度。マイクロバブルに疲れが抜けるぅ~。

 もうひとつの白湯は42度で、腰や足裏にボボボの寝風呂2床、ハイパワージェット1床を備える。3つ目の日替わり薬湯は43度、この日は梅色の潤肌湯。ほんのり甘い香りで、店オリジナル乳酸菌入り入浴剤としてフロントで販売している。

 さらに露天には、すがすがしい富士山のターポリンが飾られていた。42度で深めのバイブラと寝風呂でポッカポカになり、サウナへGO。

 ドア前のビート板で中の客入りを判断する仕組みで、全5枚。サ室は4席だから、残り1枚だと室内は満席、順番待ち1番手の人の分という。

 運よく空席2つ。L字1段ベンチの真ん中にどっこいしょ。蒸気ボイラーの配管を壁に収納したボナサウナは80度設定でも、温度計は85度。ほどよい湿度、まったりとした熱さが気持ちいい。

 おや、ベンチ前に用意されたウチワでセルフ熱波を楽しむ寸法か。正面のモニター映像を見ながら、ウチワをあおぐと、マイ熱波タイムスタート。室内の棚に置かれた柚子のアロマでスパイシーな香りが漂い、気分はトロトロだった。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

    協会肝いりゲームアプリ頓挫の“張本人”は小林浩美会長…計画性ゼロの見切り発車で現場大混乱

  2. 2
    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

    青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  5. 5
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  1. 6
    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

    大阪万博会場「ガス爆発事故」では天井も破損していた!シレッと追加被害公表の無責任体質

  2. 7
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  3. 8
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  4. 9
    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と

    石原裕次郎(8)一度だけサインをねだると…「飲み屋のツケをだいぶ貯めたんだな?」と会員限定記事

  5. 10
    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状

    じもとHD→国有化、農林中金→1兆円増資…金融機関も国債運用で“大ヤケド”の惨状