著者のコラム一覧
藤倉善郎ジャーナリスト

1974年、東京都生まれ。カルト問題を20年以上にわたり取材。2009年にニュースサイト「やや日刊カルト新聞」を創刊し、総裁就任。著書に「『カルト宗教』取材したらこうだった」など。「徹底検証 日本の右傾化」(塚田穂高編著)、「だから知ってほしい『宗教2世』問題」などの共著も多数。

陰謀論集団Qアノンの日本版「Jアノン」に幸福の科学…反北京冬季五輪には杉田水脈議員がエール

公開日: 更新日:

 前回、トランプ前米大統領を支持する陰謀論集団のQアノン教団「サンクチュアリ教会」を紹介した。2020年の大統領選をめぐっては、日本でもトランプを支持するデモが全国で開催されたが、それを主導してきたのが、この宗教の信者たちだ。当時、複数の宗教勢力などもこれと共闘し、「Jアノン」(日本版Qアノン)と呼ばれた。

 そのひとつが、幸福の科学だ。教団公式ではなく、有志活動としてデモを繰り返した。デモ出発前には、主催者が信者であることを明かし、トランプのために祈りを捧げる。その上で、デモ後に東京・銀座の数寄屋橋交差点でQアノンのようなスピーチも。

「アメリカでトランプが今、ディープステートと戦っている。私たち日本人もまた戦わなければならないときに来ています」(幸福の科学職員・与国秀行氏)

 幸福の科学信者とサンクチュアリ教会は、互いが主催するデモにも参加し合った。両者がデモを共催することもあったがそんなときですら幸福の科学信者は、教祖である故・大川隆法総裁を称えるシュプレヒコール。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで