クリエイティブディレクター山﨑晴太郎氏に聞く 忙しい現代人の「心の余白」の作り方

公開日: 更新日:

「気づけば今日もこんな時間…」。

 仕事や家事育児など、日々に忙殺されながら生きる現代人は、心の余裕がなくなりがちです。

 東京五輪の表彰式やグッドデザイン金賞の受賞など、社会問題をデザインの力で解決するクリエイティブディレクターで、3児の父親である山﨑晴太郎さん(41)に、もっと自分らしく生きるためのヒントを伺いました。

 ◇  ◇  ◇

 ──『余白思考』(日経BP)を出版した理由を教えてください。

  今の社会や世界全体で「余白」がなくなってきていると思います。その原因として、すべての物事に対して解像度が上がりすぎているのではないでしょうか。

 例えば、以前LGBTQ+問題は一定の曖昧さを持ったまま存在していましたが、現在は区分けられ “ラベル”が貼られて基準を明確にしすぎている部分もあると思うのです。多様性を認める意味なら「善」ですが、それで生きづらくなった側面もあるでしょう。

 働き方でも余白は失われてきています。とくにリモート会議は、時間的・感情的にも詰め込みすぎです。コロナ前は、こんなに多くの打ち合わせはなかったですよね。すぐに始められてすぐに終了できるため、30分単位で隙間なく予定が組めてしまう。

 僕もたまに、1日12件とかのリモート会議があって、自分のスケジュールを見て正直驚いています。僕はいつ、トイレに行けばいいんだろうって…(笑)。

 ──アーティストやデザイナー、会社経営以外にも様々な仕事をされていますが、日々の余白はどうやって捻出していますか。

 余白は意識しないと作れません。僕の場合は、余白を確保するために、スケジュールを工夫しています。水曜日は会議などで忙しいけれど、その代わりに火曜日や木曜日は制作に時間を充てたり、まとまった時間をつくるようにしています。

 すべての曜日を同じペースで万遍なく予定で埋め尽くすと仕事の時間に余白がなくなるため、意識的にメリハリをつけています。

 また余白を作るためには、無心になって、思考をクリアにするのも必要不可欠です。サウナや筋トレでリセットするのも良いですが、僕は最近、ノイズキャンセリングイヤホンにハマっています。

 新幹線の移動では、周囲のノイズが消えた状態で、新横浜〜名古屋間の街並みをぼーっと眺めています。一個一個の家に、どんな人が住んでいるか、どんな生活を営んでいるか、想像をめぐらせるのが楽しいんですよね。

 イメージとしては、お風呂に頭まで潜る感覚と同じで、自分と社会の間に何か余白として膜を張る行為ができると、余計な思考をそぎ落とせると思っています。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 暮らしのアクセスランキング

  1. 1
    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

    悠仁さまは昆虫学を究めたいと望むも…「自然誌を学ぶ大学」が玉川大学ではなく東大が濃厚なワケ

  2. 2
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  3. 3
    安倍派裏金議員の“お詫び行脚”は完全裏目…批判噴出「よく出てこられるな」と有権者もア然

    安倍派裏金議員の“お詫び行脚”は完全裏目…批判噴出「よく出てこられるな」と有権者もア然

  4. 4
    利用伸びないマイナ保険証普及へ…医療機関に今度は「最大20万円バラマキ」のトンチンカン

    利用伸びないマイナ保険証普及へ…医療機関に今度は「最大20万円バラマキ」のトンチンカン

  5. 5
    欺瞞だらけ「子育て支援金」に専門家も苦言…下支えするのは平均給与に満たない低・中所得者

    欺瞞だらけ「子育て支援金」に専門家も苦言…下支えするのは平均給与に満たない低・中所得者

  1. 6
    4月に電気・ガス全社値上げ&5月末で補助金廃止…年間4.5万円負担増を埋める「ポータブル電源」の威力

    4月に電気・ガス全社値上げ&5月末で補助金廃止…年間4.5万円負担増を埋める「ポータブル電源」の威力

  2. 7
    悠仁さま進学先に北大説…それでも東大理科二類→農学部が有力なワケ 出会い多いとOG太鼓判

    悠仁さま進学先に北大説…それでも東大理科二類→農学部が有力なワケ 出会い多いとOG太鼓判

  3. 8
    大阪市の介護保険料「月額9249円」はブッチ切りワースト…“市民の身を切る”維新に任せてエエの?

    大阪市の介護保険料「月額9249円」はブッチ切りワースト…“市民の身を切る”維新に任せてエエの?

  4. 9
    大阪府「子ども食費支援」第3弾は評判最悪…6月実施で“古くて高くてマズい米”が届く羽目に

    大阪府「子ども食費支援」第3弾は評判最悪…6月実施で“古くて高くてマズい米”が届く羽目に

  5. 10
    森友事件で停職処分の財務官僚が国会初答弁…「改ざん官僚」はそれでも謝らなかった

    森友事件で停職処分の財務官僚が国会初答弁…「改ざん官僚」はそれでも謝らなかった

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”