「プロ人材」で年収5000万円の強者も…経営に行き詰まる中小企業側にも“人件費”以上のメリットが

公開日: 更新日:

 ITエンジニアや法人営業、デジタルマーケティングなどに強みを持つ「プロ人材」と「企業」をマッチングする「キャリーミー」を運営するPiece to Peace(ピース・トゥ・ピース)。NTTドコモなどに勤務しながら他企業と業務委託で働く人など1万3000人以上のプロが登録している。中小企業やスタートアップ企業側も、ノウハウを持った優秀な人材を最短1週間で活用できるという。

■NTTドコモ、サイバー、リクルート出身者

 プロ人材の顔ぶれは、副業を認めているNTTドコモ社員の他にも、サイバーエージェントや電通、リクルート、DeNA楽天などの出身者がズラリ。大学の准教授や農家、科学者といった変わり種もいる。

 まずは、「プロ人材」になりたい人のメリットはどういうものか?

 ピース・トゥ・ピースの大澤亮代表がこう言う。

「メリットは大きく3つあります。第1は『お金』の面。例えば、働くのが週2回であれば報酬は月額20万~50万円程度に落ち着くことが大半ですが、これを5~10社こなしている人もいます。また、若い人は会社の将来に不安な人もいるでしょう。仕事を掛け持ちする複業をすることで、収入の柱をリスク分散する意味合いもあります」

 プロ人材の中には、2~5社ほど企業を掛け持ちして年収5000万円という人もいるそうだ。

「次が『やりたい仕事、得意な仕事』だけができること。広告運用の仕事がしたくて会社に入社したのに、飲み会への参加や社内調整といった意に反した仕事もさせられます。自分がやりたい仕事、得意な仕事だけをすることでスキルがどんどん上がっていく相乗効果もあります」

 逆に社内調整や部下の育成が苦手だという人でも、専門に特化していれば立派なプロ人材だ。

「最後は『自由な働き方』です。業務委託契約で仕事を請け負い、企業とはあくまで対等な関係。子育て中の女性や海外在住の人もいます」

■企業が依頼すれば1週間で最適な人材を紹介

 では、プロ人材を雇う企業側のメリットとは何か? 大澤代表に続けてもらった。

「売り上げの最大化、リスクの最小化です。大企業であっても新規事業を立ち上げる場合、リソースとノウハウが足りません。例えば、自社のマーケティング部でユーチューブ動画を始めようとしても、時間と労力がかかります。しかし、キャリーミーに依頼すれば、その道のプロを1週間を目安に紹介し、遅くとも1カ月以内には稼働することになります」

 優秀なデジタルエンジニアを正社員として雇用しようとしたら、年収1000万円は出さないといけない。既存社員を兼務させてユーチューブをやらせようにも習熟までに時間はかかるし、慣れた頃に転職してしまうリスクもある。

 一方、これがプロ人材であれば、必要な業務量に応じて週2回で20万~50万円で雇えることになる。

 しかも、契約期間が終われば解約できるため、低コストで優秀な人を活用できるわけだ。

■結果が出なければ解約していい

「当社のクライアントの例ですと、自社の課題が何なのか? その段階で迷っているケースもあります。その場合はこちらからヒアリングさせてもらいながら、課題解決をしていきます」

 ECサイトの売り上げを伸ばしたいといった漠然とした要望ではなく、サイト登録者を増やしたいのか、あるいは新たな商品化計画なのか、はたまたユーザーに訪れてもらうLP戦略なのかでも随分とプロ人材の活用の仕方は違ってくる。

「プロ人材は社員ではありませんので、外部の視点から『ここがダメ、ここが弱い』と意見を忌憚なく言えます。また、社員はプロ人材のノウハウを横で見て習得できますし、プロ人材を雇うことで減った人件費を社員に還元することもできます。仮に年収600万円の人を20年雇えば企業は1.2億円の負担。社会保障や福利厚生費用負担も同じくらいかかります。これら固定費を変動化して社員の給与を上げられるのです。もうひとつ、プロ人材は結果が出なければ解約されます。自立的に働かないと契約を継続してもらえないと理解していますので、社員はプロのスキルだけでなく、そのマインドも学べることになります」

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 暮らしのアクセスランキング

  1. 1
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  2. 2
    荻原博子氏が解説「新年度 生活防衛のツボ」株価史上最高値でも庶民は投資をやめるべき

    荻原博子氏が解説「新年度 生活防衛のツボ」株価史上最高値でも庶民は投資をやめるべき

  3. 3
    安倍派裏金議員の“お詫び行脚”は完全裏目…批判噴出「よく出てこられるな」と有権者もア然

    安倍派裏金議員の“お詫び行脚”は完全裏目…批判噴出「よく出てこられるな」と有権者もア然

  4. 4
    4月に電気・ガス全社値上げ&5月末で補助金廃止…年間4.5万円負担増を埋める「ポータブル電源」の威力

    4月に電気・ガス全社値上げ&5月末で補助金廃止…年間4.5万円負担増を埋める「ポータブル電源」の威力

  5. 5
    利用伸びないマイナ保険証普及へ…医療機関に今度は「最大20万円バラマキ」のトンチンカン

    利用伸びないマイナ保険証普及へ…医療機関に今度は「最大20万円バラマキ」のトンチンカン

  1. 6
    欺瞞だらけ「子育て支援金」に専門家も苦言…下支えするのは平均給与に満たない低・中所得者

    欺瞞だらけ「子育て支援金」に専門家も苦言…下支えするのは平均給与に満たない低・中所得者

  2. 7
    大阪府「子ども食費支援」第3弾は評判最悪…6月実施で“古くて高くてマズい米”が届く羽目に

    大阪府「子ども食費支援」第3弾は評判最悪…6月実施で“古くて高くてマズい米”が届く羽目に

  3. 8
    自民はどうする? 衆院東京15区補選で公明党が“5股不倫男”乙武洋匡氏の支援にNO!

    自民はどうする? 衆院東京15区補選で公明党が“5股不倫男”乙武洋匡氏の支援にNO!

  4. 9
    大阪市の介護保険料「月額9249円」はブッチ切りワースト…“市民の身を切る”維新に任せてエエの?

    大阪市の介護保険料「月額9249円」はブッチ切りワースト…“市民の身を切る”維新に任せてエエの?

  5. 10
    森友事件で停職処分の財務官僚が国会初答弁…「改ざん官僚」はそれでも謝らなかった

    森友事件で停職処分の財務官僚が国会初答弁…「改ざん官僚」はそれでも謝らなかった

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情