老舗料亭が認めた電子レンジOKの「西京焼き」誕生秘話 サン食品に聞いた

公開日: 更新日:

 年間30万切れを売り上げ、楽天レビューが4.78と高評価の「西京焼き」が話題になっている。製造販売しているのが京都に本社を構えるサン食品。家庭で焼くことが難しい料亭の味をレンチンで再現できるとリピーターが続出しているのだという。

 同社が西京焼きをはじめたきっかけは?

「1968年の創業以来、業務用の魚類切り身の卸業を行ってきましたが、その中で料亭との取引ができ、製造を請け負うことになりました。ただ、味の再現は困難を極め、味噌の選定から、魚種ごとに合わせた味噌の配合まで研究し、味噌のうまみが均一に浸透するように独自の漬け込み技術を開発したのです」(担当者)

 焼き上げの際、魚に付着した味噌が「焦げやすい」ことが厄介な西京焼き。これは一般の家庭どころかプロの料理人にも悩みの種だ。

 サン食品は、これを解決するために自動魚焼き機を導入するも、その日の温度や湿度によって焼き上がりが変化する西京焼きとのにらみ合いが続いたという。試行錯誤を繰り返した末、焼き色の美しい西京焼きの製造を実現。老舗高級料亭に認められ、現在も焼き上げまでの一貫した商品の納品を請け負っている。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず