治療法がない? 終末期のペット「QOLの向上」でサプリは十分選択肢に

公開日: 更新日:

 動物もヒトと同じように高齢化していて、シニアになるとがんが進行したり、免疫力の低下で代謝機能が悪くなったり、原因不明の膠原病を患ったりして、さまざまな病気を発症します。そうやって終末期を迎えるのですが、最期が近づくにつれて承認された治療が少なくなって、承認の枠の中では治療が難しくなるのが現実です。

 そんなときに大切なのがQOL(クオリティー・オブ・ライフ)で、日本語で生活の質と解釈されます。ヒトでも動物でも、治療と病気を両立するには常に重要な考え方ですが、特に終末期はQOLをどうとらえるかが欠かせません。

 目の前の病気を治すことができる治療法があるなら、その治療法に託して、動物と飼い主さんが充実した余生を楽しむというのは十分ありえると思います。

 しかし、先進治療にわが子を託したとしても、入院が長引いたり、副作用で苦しんだりして、期待した効果が得られず、十分な余生を楽しめないとしたら、果たしてその治療はよかったのでしょうか。

 終末期のペットのQOLを考える上では、飼い主さんがわが子とどんな余生を送りたいか。どうやって看取りたいか。そういう視点が必要です。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽