40億円の遺産を全額寄付!税と富の公平を求めるオーストリア女性が政治家に言いたいこと

公開日: 更新日:

 皆さん、もし遺産相続で40億円を手にしたらどうします? オーストリアのある女性が全額を寄付すると発表して、世界に衝撃が走っている。

 注目されているのは、ウィーン在住のオーストリア系ドイツ人で、世界最大の総合化学メーカー「BASF」の創業者一族のマレーネ・エンゲルホルンさん(31=写真)。2022年9月に死去した祖母から2500万ユーロ(約39億8900万円)の遺産を相続した。

 税と富の不平等と闘う運動団体「タックスミーナウ」の共同創設者であるマレーネさんは、遺産を50人からなる「善なる再分配評議会」の手に委ね、再分配する計画だという。

 理由の1つは、オーストリアが2008年に相続税を撤廃したこと。マレーネさんは声明を発表し、次のように説明した。

「私は、何もしていないのに財産を、つまり権力を相続しました。国家はそれに課税することすら望んでいないんです」

「多くの人がフルタイムの仕事をしても生計を立てるのに四苦八苦して、稼いだ1ユーロごとに税金を支払っているのに、あまり不公平です」

「政治家が職責を果たさず再分配しないなら、私自身が富を再分配しなければなりません」

 彼女が相続した遺産がどう再配分されるのかーー世界中の注目が集まっている。裏金をため込んでいるどこかの政治家にも聞かせてやりたい。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで