1年間で242回もマラソンを完走 カナダ人男性が驚異的な記録を達成

公開日: 更新日:

 カナダ人男性が「1年で完走したマラソンの回数」の世界記録を更新して注目を集めている。

 驚異的な記録を達成したのは、トロント在住のベン・ポブジョイさん。

 昨年1月1日に南米コロンビアのボゴタで42.195キロを完走し、「マラソン・アース・チャレンジ」をスタート。南米、北米、欧州、アフリカ、アジアの約70カ国でなんと242回もマラソンを完走した。

 これまでの世界記録は2012年、米国人のラリー・メーコンさんが達成した239回。ベンさんは、GPS追跡機能がある地図アプリに自分が走った軌跡を全て記録し、それを関連書類とともに、ギネス世界記録に提出し、世界記録認定を申請した。

 ちなみに地図アプリの記録と走った際に撮影した各地の写真は全てベンさんのフェイスブックで公開されている。それを見ると昨年12月には日本でも数回走っている。

 ベンさんがマラソンを始めたのは2015年。当時は肥満気味で健康のためだった。次第にマラソンの魅力に取りつかれ、「昨年、仕事を辞め、私財を全て売り払って、思い切って挑戦を始めた」という。

 次の夢は「世界の全ての国でマラソンを走ること」だそうだ。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで