「サカゼン」は石ちゃんも愛用 坂善商事はどうして“大きいサイズ”を扱った?

公開日: 更新日:

 ホンジャマカの石ちゃんこと石塚英彦さんがイメージキャラクターを務める「サカゼン」。

 実はプライベートでも愛用していて、「サカゼンは僕にとって聖地」と言わしめた「大きなサイズ」の有名店なのだ。

 関東を中心に34店舗を展開。EC店(ネットショップ)もあり、利用者には年に2回ほどオリジナルカタログが送られてくるのだという。

 さて、サカゼンはナゼ、大きいサイズの取り扱いを始めたのか?

 実は、昭和25(1950)年に坂本善重郎氏が千代田区岩本町で店舗を開業した際、近くに(蔵前)国技館があったため力士の来店が多く、「サイズがない」という声に応える形で大きなサイズ展開をするようになったのだとか。

「お客さまの声や力士の方から採寸させていただいたサイズを徹底的に追求し、独自のサイズを生み出し、最大で10L相当(身長200センチ/ウエスト170センチ)の洋服を取り扱っております」(坂善商事の担当者)

 そんな経緯もあって、大きいサイズで有名なサカゼンだが、創業当時は自社工場を栃木に構えていたこともあり、普通サイズの紳士服・婦人服・海外直輸入インポートブランドまで幅広く取り扱っている。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる