「大森湯」水風呂との温度差101度! ジェットコースター級の落差に…く~、楽しい

公開日: 更新日:

「大森湯」(東京・大森)

 京浜急行線大森町駅から歩いて3分ほどの「大森湯」は戦後から続く銭湯で、静かな住宅街にうまく調和する。2002年に現オーナーが引き継ぐと、激アツ施設として評判になっている。のれんに浮かぶ「YABAMORI」が熱さの証拠。うー、ゾクゾクする。

 靴を脱ぎ、フロントで入浴料520円+サウナ代200円を払うと、サウナ用バンドを受け取った。手ぶらセットは270円、貸しタオルは1枚30円。

 服を脱ぎ、大村崑のオロナミンCのポスターに懐かしさを覚えて浴場へ。正面には竹林の壁絵が女湯まで広がっていた。

 42度の白湯はバイブラの天然トルマリン風呂。壁の遠赤外線ライト2つに照らされ、湯が赤い。2つの座風呂は水深100センチ。そのひとつに体を沈め、背中、腰、ふくらはぎ、足裏をボボボ。

 隣は日替わり薬湯で、この日は奇麗なワインレッド色の甘草の湯。つま先をつけると、「うわ、アチーッ」。バイブラの湯は何と46度! 恐る恐る腰までつかるが、さすがにギブでした。

 薬湯を逃げてサウナに向かうとは、さすが「ヤバ森」。ネジを巻き上げてビート板を手に入室すると、「うおっ」といきなりの激アツ熱波。疲れた58歳も目を丸くする116度!

「コロナ禍で密を避けるため、回転を速くしようと設定温度を上げたのが功を奏しました」とこわもてながら温和な2代目の田邉一繁さんが笑った。

 レンガと白木造りでストレート2段ベンチは定員6人。上段に空席を見つけてどっこいしょ。マットが敷かれた座面は奥行き広く、ゆったりとあぐらをかけた。ベンチ正面の遠赤外線ガスストーブの上には、ヒノキ油の入ったヤカンが2つ。湿度がほどよく、室外にあったアロマスプレーを壁のヴィヒタにひと吹きすると、心地よい香りがふんわりと鼻に抜けた。

「ヴィヒタとかは、ヤバ森ファンの僕たちが持ってきたんです」と常連のよしおさん。平日夕方過ぎでも客足は途切れることなく、若者から年配まで熱波を受けていく。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる