103年前の「世界で最も質素なツリー」が高額で落札 人々が感動した心温まる物語

公開日: 更新日:

 写真のクリスマスツリーをめぐる物語が話題になっている。

 103年前に購入され、英国で大量生産された人工樹のツリーとしては最初期のもの。高さ約80センチ、25本の枝に12個の赤い実と、6個のミニキャンドルホルダーがついている。

 今月15日に英競売会社「ハンソンズ・オークショニアズ」がこのツリーを競売にかけていたところ、なんと3400ポンド(約62万円)という高額で落札された。

 当時は数ペニーで売られていたこの「世界で最も質素なツリー」の予想落札価格は60~80ポンド。その約50倍までハンマープライスが高騰した原因は、このツリーをめぐる物語にみんなが共感したからだ。

 ツリーを競売に出したのは、2014年に101歳で亡くなったドロシー・グラントさんという女性の娘(84)。ツリーはドロシーさんが8歳の時、1920年に母親が買い与えた。質素な暮らしをしていたドロシーさんにとっては夢のような贈り物だったそうで、一生このツリーに雪を模した脱脂綿を飾り、クリスマスを祝っていたそうだ。

 ハンソンズは、このオークションについて、こうコメントした。

「ドロシーさんの物語は、クリスマスの精神を理解するには、ぜいたく品や過剰なものはいらないということを改めて教えてくれます。彼女にとって、あのツリーがあるだけで十分だったのです」

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変