著者のコラム一覧
植草美幸恋愛・婚活アドバイザー

恋愛・婚活アドバイザー。1995年、アパレル業界に特化した人材派遣のエムエスピーを創業(現・代表)。そこで培われたコーディネート力と実績を活かし、2009年、結婚相談所マリーミーをスタート。業界平均15%と言われる成婚率において、約80%の高い成婚率(※)を誇り、成婚件数 も1000件以上を数える。著書は「ワガママな女におなりなさい 『婚活の壁』に効く秘密のアドバイス」(講談社)、『「良縁をつかむ人」だけが大切にしていること』(諏内えみ氏との共著、青春出版社)、「結婚の技術」(中央公論新社)、「なぜか9割の女性が知らない婚活のオキテ」(青春出版社)など多数。(※)成婚退会者数÷全体退会者数で算出。

アラフォー以上の高収入男性を悩ませる女性たち…パパ活感覚で婚活、ワガママな振る舞い三昧

公開日: 更新日:

「この人はパパ活感覚で相手を探しているのでは?」と感じる、他の相談所の女性から、当社の会員さんにお見合いのリクエストが来ることがあります。高収入男性との成婚を謳った相談所もあるので、当社にも少なからずお見合いの話が来るのですが、アラフォー以上、特に45歳くらいの年収1000万円台~3000万円台の男性で嫌な思いをしてる人はたくさんいます。

 女性たちは20代~30代前半までで、アラフォー以上の高収入男性を希望。メイクもファッションも華やかで、40、50代の男性の好みを把握しているのか、身体のラインがハッキリわかるボディコン風のシャツにヒールなどで登場します。

 ネクタイから仕事の話まで、男性の話を聞いては褒めて、持ち上げてくれる。しかも一回り以上年下。男性は喜んで、当然、婚活相手として女性を見ています。

 ただ、女性にとっては正直オジサン。若い女性は引く手もあまたですから、オジサンには何をやってもいいという感覚で、トラブルが起こっています。「誕生日とクリスマスが近いから、ヴィトンの財布とシャネルのバッグを買ってほしい」と言うなど、「高額のプレゼントのおねだり」や「当日ドタキャン」、そして「予定していたデート先には行きたくない」と言い出して困らせるなどワガママな振る舞いをして、クレーム案件になってしまうケースは珍しくありません。

■関連キーワード

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路