「両国湯屋 江戸遊」ロウリュに歓喜。滝シャワー&水風呂でシャキッ!

公開日: 更新日:

両国湯屋 江戸遊(両国)

 都営大江戸線両国駅A3出口から北斎通りを錦糸町方面に歩いてすぐ。1996年創業の「両国湯屋 江戸遊」は2019年に大リニューアル。青海波文様ののれんをイメージした都会的な外観で、翌年の日本空間デザイン賞を受賞した。

 下足ロッカーの鍵はセンサー付きで館内では財布代わりになる。時間無制限ののんびりコース2970円でチェックインした。なお土日祝、特定日は休日割増料金330円が加算される。

 フロントで親切なスタッフから館内着、タオルセット入りのバッグを受け取り、2階の男湯フロアへ。床がイ草風のすがすがしい脱衣場から浴場に入ると、“浪裏の富士”の爽快なタイル画に気分が上がった。御影石のカランにはシャンプー類、歯ブラシなどがそろっている。

 風呂は43度のあつ湯、40度の“あら波湯”は中央の床が足つぼマッサージの歩行浴に。ジェット座風呂2床は背中や腰、ふくらはぎにジェット泡を受け、立ちジェット3床は真ん中がジェット強めだった。弱酸性の高濃度炭酸泉39度もある。

 ドアを開けて露天エリアへ。10種の生薬による41度の漢方薬湯とマイクロバブルで真っ白な40度の寝湯が4床。浴槽はどれも広い。のんびりと温まったところでサウナへGO。

 布マットを手に、まずは中温サウナへ。壁には白い珪藻土が施され、L字2段ベンチは定員12人ほど。奥の壁に遠赤外線電気ヒーターが収納されたボナサウナは75度。上段に座り、テレビを見ながら汗を流した。ヴィヒタがふんわりと香り、なんとも心地いい。12分計1周したところで汗だくで退室した。

 浴場には滝シャワーなるものがあり、上から垂れた鎖を引くと頭上の樽バケツがひっくり返り、冷水がザバーッ。冷てぇ~! ひょうきん族の“懺悔”みたいな仕掛けで面白かった。

 チラーでキンキンの水風呂は16度。浴槽床が2段で深くて広い。サッパリして、フィンランドサウナに参りましょう。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる