今年の漢字は「虎」と「翔」で一騎打ち? 虎党“組織票”で上積みか…2年連続「戦」が大穴

公開日: 更新日:

 年末恒例「今年の漢字」が12日、京都・清水寺で発表される。

「普通に考えたら『戦』が選ばれても不思議じゃありませんけどね」と、辞書編集者はこう続ける。

「昨年から続くロシアとウクライナに加えて、パレスチナ・イスラエル戦争も。さらにWBC、夏の甲子園、バスケとラグビーのW杯とスポーツの熱戦も盛り上がりましたが、昨年も『戦』が選ばれている。今年の漢字が1995年に始まってから、同じ漢字が2年連続ということは一度もないだけに……」

 とはいえ、今年の漢字は“投票”で決まる。可能性はゼロじゃない。

 ちなみに、今年の「新語・流行語大賞」の年間大賞は、プロ野球で38年ぶりの日本一に輝いた阪神タイガース・岡田彰布監督の「アレ(A.R.E.)」。

 阪神が18年ぶりにリーグ優勝した2003年の漢字には「虎」が選ばれているので、「熱烈な阪神ファンの“組織票”が上積みされるかも」(在阪メディア関係者)。

 昨年の「戦」は応募総数約22万票に対して1万804票で“当選”。阪神のファンクラブ会員は十数万人いる。流行語大賞と今年の漢字を独占なんてこともあるか。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  2. 2
    大谷翔平が新妻を隠し切れないメジャー奥様会のしきたり…「ファッションショー」に慈善活動、レッドカーペット

    大谷翔平が新妻を隠し切れないメジャー奥様会のしきたり…「ファッションショー」に慈善活動、レッドカーペット

  3. 3
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 4
    誰も言わないけど…「ブラタモリ」終了の本当の理由は「面白くなくなったから」 質の低下は民放の旅番組みたい

    誰も言わないけど…「ブラタモリ」終了の本当の理由は「面白くなくなったから」 質の低下は民放の旅番組みたい

  5. 5
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  1. 6
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  2. 7
    日経平均株価が4万円に迫る中…J-REIT(不動産投資信託)が低迷する3つの理由

    日経平均株価が4万円に迫る中…J-REIT(不動産投資信託)が低迷する3つの理由

  3. 8
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  4. 9
    ドジャース大谷は「負の新婚ジンクス」を吹き飛ばせるか…松井秀喜、イチロー、ダル、マー君も1年目は苦~い思い出

    ドジャース大谷は「負の新婚ジンクス」を吹き飛ばせるか…松井秀喜、イチロー、ダル、マー君も1年目は苦~い思い出

  5. 10
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル