酔ったオヤジの“ジャズ話”を若い女性2人が聞かされる蒲田の風景

公開日: 更新日:

蒲田(大田区)②

 JR蒲田駅西口を出て右に行くと線路沿いに飲食店がずらりと並び、その先の工学院通りまでこの辺りは毎晩大賑わいのエリアだった。

「だった」と過去形なのは、その栄光は西口を出て左側の池上線沿いのバーボンロードに奪取されたから。かつて西口のランドマーク「鳥万」は今では高齢者のたまり場になり、東京工科大学の学生たちがコンパに使うことなど皆無に等しいという。

 半世紀近く前、この辺の高校生は文化祭になると必ず鳥万でコンパ。「3階座敷〇〇高校様」って書かれた札が入り口に立ててあった。信じられる? 昭和はそれくらい寛容な時代だった。

 でも、今日は鳥万をスルーして最近評判の「ニュー魚寅」へ。魚寅食堂として4年前にオープンし、2年前、魚がうまい立ち飲み酒場としてリニューアル。

「立っていただくほうが、たくさんお客さまが入れるし、回転もいいでしょ」。こう言う店長は接客の達人。客の名前を最初に聞いて伝票に書き込むと、必ず名前で呼んでくれる。「アタシってバカだから名前覚えられないのよ~」。謙遜して笑っているが、2度目に行けば必ず名前で呼んでくれる。うれしいね。あ、ちなみに店長は男性です。

 生ビール(550円)とマグロぶつ(440円)でスタート。痛風に負けじと白子のてんぷら(660円)を追加したら、やっぱり樽酒(440円)も。これを受け皿からあふれんばかりについでくれる店長です。肴も大事だが、酒場の良し悪しは人によるところ大。

「回転いいと思ったら3時間もいるお客さまもいるのよ~。困るけどありがたいわよね~」。どっちなんや!(笑)。長っちりして店長に嫌われないうちに次の店へ。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  4. 4
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  5. 5
    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  1. 6
    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

    大谷翔平の結婚相手を巡りファンが"マウント合戦"開始…熱愛報道の村上佳菜子もトバッチリ

  2. 7
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  3. 8
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  4. 9
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  5. 10
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ