室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

性行為のデジタル同意書アプリがリリース「キロク」されないあの一回は…

公開日: 更新日:

『これを機に若い世代にも性的行為には同意が必要との認識が広がれば』(性行為のデジタル同意書『キロク』作成を監修した弁護士)

  ◇  ◇  ◇

 これは11月15日の『産経新聞』『性的行為の前に「同意します」ボタン デジタル同意書が波紋』という記事の中の、弁護士の言葉だ。

 今年の7月、性の強要がより厳罰化されたことで、女性からは「あれは私は本当に同意したのかわからない」、男性からは「後からあれは同意なしの行為だったと訴えられたら不味い」として、性交渉に同意した記録を残す「性的同意アプリ」が弁護士監修のもと作られた。性行為をするのは密室だから、同意があったか証明する手立てがないってんで。この『キロク』というアプリ、12月の中頃には正式にリリースされるようだ。

 あたしも性の強要はあってはいけないものだと考える。けど、今の若者に、性の同意が大事だと、このような形で周知されることになるんだとしたら残念でならない。

■レースクイーン時代の思い出

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」