「ウィーンの恥だ!」前衛芸術グループが製作した“3億円の噴水”に市民から批判殺到

公開日: 更新日:

 さまざまにデフォルメされた人物像などが輪になって座っているオブジェは、先日、オーストリアのウィーンで公開された新しい噴水だが……これが市民からボロクソに批判されている。

 ウィーンでは150年前に近代的な水道システムが完成。アルプスの山の小川からきれいな水を引き、コレラなどの疫病撲滅に貢献した。

 噴水は、その記念に市当局が地元の前衛芸術グループ「ゲリティン」に委託して製作されたもので、費用は180万ユーロ(約3億円)。

 10月24日、ファン・デア・ベレン大統領の立ち会いのもと完成式典が行われ、一般に公開された。しかし作品の出来が前衛的過ぎたようで、SNSなどで市民から酷評されている

「世界で最も醜い噴水だ」「5歳児がつくったようにしか見えない」「ウィーンの恥だ」などなど。

 市当局は、作品は「水に対する共同責任」を象徴したもので、「現実からインスピレーションを得た素晴らしいデザインが極めて重要な一体感を伝えている」などと説明している。

 皆さん、どう思われます?

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道