中国の女性の間で大流行「偽へそステッカー」大人気の理由は?

公開日: 更新日:

 本物の「へそ」に見える「偽へそステッカー」が中国の女性の間で大流行している。

 使い方は、写真を見ていただくと一目瞭然。へそ出しファッションで、実際のへそより数センチ上にステッカーを貼り、ハイウエストのパンツをはいて本物のへそを隠す。すると胴体が短く、脚が長く見えるというわけだ。

 また、ステッカーのへそが、さまざまな形をした本物のへそよりもバランスが取れ、視覚的に美しいとみなされていることも人気の理由。さらに見た目だけでなく、へそ出しファッションでもハイウエストのパンツをはくため、下半身を冷やさずに済んで、健康にも良いという。

 抖音(ティックトック)や電子商取引プラットフォームの小紅書などに投稿が相次ぎ人気は過熱。メーカー側は増大する需要に対応するため四苦八苦している。

 偽へそステッカーを「2023年で最も成功した発明」と絶賛する声もあるが、「中国社会に非現実的に高い美の基準を拡散している」「だましのツール」と批判する声もある。

「偽へそステッカー」でググると、アマゾンなどで商品がヒットし、日本でも購入することができる。流行するかな?

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道