柏原光太郎
著者のコラム一覧
柏原光太郎日本ガストロノミー協会会長

1963年生まれ。慶大卒。「週刊文春」「文芸春秋」「オール読物」編集部、「東京いい店うまい店」編集長などを歴任して独立。小社から刊行した「ニッポン美食立国論」が大きな話題に。食べログのフォロワー5万人以上。日本ガストロノミー協会会長。

「立喰い鮨 優勝」(金沢)ミシュラン2つ星と立ち食い寿司のコラボ

公開日: 更新日:

 先日、日経新聞主催の「Super DX Cuisine AWARD」の審査員を務めた。これは地方の飲食店のみならず、そこに食材を提供している地域の人々を表彰しようという趣旨のアワード。10のカテゴリーから受賞者を選出したのだが、「持続可能な海の幸グルメ賞」に輝いたのが、石川県の「すし処 めくみと立喰い鮨 優勝」だった。長い店の名前のように見えるが、そうではなくて、「すし処めくみ」と「立喰い鮨 優勝」の2店のコラボが表彰されたのである。

「めくみ」といえば石川県内でもトップクラスの寿司屋。「The Tabelog Award」では5年連続GOLDを受賞、ミシュランでも2つ星を獲得し、予約困難店の代表格になっている。その「めくみ」の山口尚享さんが監修し、酢飯の炊き方、温度管理から握り方まで指導しているのが「優勝」なのである。

「めくみ」は石川県周辺のトップクラスの魚しか扱わないが、2番手、3番手のものも総合して仕入れることが漁師に対する敬意になると考える山口さんに、「優勝」を経営する金丸吉人社長が共鳴。さらには能登の漁師集団「日の出大敷」の中田洋助さんも加わって、「めくみ」では出せないが、新鮮で高品質なネタをリーズナブルに提供する「立喰い鮨 優勝」が昨年5月に誕生した。このタッグでフードロスを少なくし、水産業の持続可能な活性化を導いたのが受賞理由だ。が、我々にとってはそんなことより、予約の取れない「めくみ」の味を立ち食いで楽しめる寿司屋が誕生した喜びのほうが大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    多部未華子の「いちすき」が川口春奈の「silent」を超えられなかった“最大の理由”

    多部未華子の「いちすき」が川口春奈の「silent」を超えられなかった“最大の理由”

  2. 2
    ビートたけしバラエティー行脚で分かった「真の天才」 世間が持ち上げる松本人志はまだまだ

    ビートたけしバラエティー行脚で分かった「真の天才」 世間が持ち上げる松本人志はまだまだ

  3. 3
    系列局社員の寄付金着服で思い出す…「24時間テレビ」のスタッフ部屋にあった山積みの袋の中身

    系列局社員の寄付金着服で思い出す…「24時間テレビ」のスタッフ部屋にあった山積みの袋の中身

  4. 4
    小芝風花が連ドラ連続出演中で…危惧される「あの人の二の舞」

    小芝風花が連ドラ連続出演中で…危惧される「あの人の二の舞」

  5. 5
    小芝風花めぐりNHK局内で「朝ドラ」vs「大河」激しい争奪戦 民放含め重宝される納得の理由

    小芝風花めぐりNHK局内で「朝ドラ」vs「大河」激しい争奪戦 民放含め重宝される納得の理由

  1. 6
    ビートたけしのNHK紅白サプライズ出演は立ち消え…司会の有吉弘行を嫌い、結婚時はテレビでメッタ斬り

    ビートたけしのNHK紅白サプライズ出演は立ち消え…司会の有吉弘行を嫌い、結婚時はテレビでメッタ斬り

  2. 7
    日大の病巣を「ルポ大学崩壊」の著者が抉る「スポーツ優遇の無法地帯にメスを入れない限り…」

    日大の病巣を「ルポ大学崩壊」の著者が抉る「スポーツ優遇の無法地帯にメスを入れない限り…」

  3. 8
    山本由伸メジャー移籍先は「3球団に絞られた」と米メディア、年俸総額は2億ドル超え確実

    山本由伸メジャー移籍先は「3球団に絞られた」と米メディア、年俸総額は2億ドル超え確実

  4. 9
    「日本生命」が介護最大手「ニチイ学館」を買収…米投資ファンドは1000億円の大儲け

    「日本生命」が介護最大手「ニチイ学館」を買収…米投資ファンドは1000億円の大儲け

  5. 10
    パー券“キックバック裏金”疑惑で「5人衆」揃い踏み…SNSでは《安倍派の終わりの始まり》

    パー券“キックバック裏金”疑惑で「5人衆」揃い踏み…SNSでは《安倍派の終わりの始まり》