自民が変節「児童手当の所得制限撤廃」は統一地方選の“争点潰し”…最終目標は消費税増税

公開日: 更新日:

 岸田政権少子化対策の目玉に掲げる児童手当の拡充をめぐり、自民党の“変節ぶり”が話題だ。茂木幹事長は25日の衆院本会議に続き、29日のNHK日曜討論でも「所得制限をなくす方向でまとめていきたい」などと発言。狙いは4月の統一地方選をにらんだ“争点潰し”だ。

 児童手当をめぐっては、民主党政権時代に自民党が所得制限の導入をゴリ押ししている。

 それが今になって突然の「制限撤廃」。29日の日曜討論で茂木幹事長は、所得制限を求めた過去の主張について「反省します」と言ったが、肝心の財源問題については、統一地方選後に先送りするつもりだ。

 現在、財源として浮上しているのが、年金、医療、介護などの社会保険から拠出金を集めて「子育て基金」に回す案だ。

■高齢者の支持離れにつながる可能性

「消費税増税は国民の反発を考えると容易ではないし、すでに防衛費倍増の財源に挙がっている法人税の増税は賃上げを抑制してしまう。そこで、社会保険料の財源の一部を回す案が現実的とみられています。ただ、これも結局は個人と法人の負担増です。子どもを持たない人や高齢者も負担を強いられるので、保険なのに受益者負担の原則にそぐわない。強引に進めれば、高齢者の支持離れにつながりかねません」(大手シンクタンク研究員)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

  2. 2
    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償

    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償

  3. 3
    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

  4. 4
    「罠の戦争」健闘するも…フジ冬ドラマ不振がキムタク「教場0」の“おぜん立て”という皮肉

    「罠の戦争」健闘するも…フジ冬ドラマ不振がキムタク「教場0」の“おぜん立て”という皮肉

  5. 5
    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

  1. 6
    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

  2. 7
    ロンブー淳「ガーシー逮捕状」に沈黙貫く…番組出演促す発言、BTS詐欺擁護で問われる責任

    ロンブー淳「ガーシー逮捕状」に沈黙貫く…番組出演促す発言、BTS詐欺擁護で問われる責任

  3. 8
    「ペンギン池落下」で最も迷惑なのは春日俊彰? カンニング竹山ら先輩の「擁護」が逆効果

    「ペンギン池落下」で最も迷惑なのは春日俊彰? カンニング竹山ら先輩の「擁護」が逆効果

  4. 9
    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

  5. 10
    高市早苗氏は地元や総務省から総スカン…捏造発言は職員への「配慮」と主張の支離滅裂

    高市早苗氏は地元や総務省から総スカン…捏造発言は職員への「配慮」と主張の支離滅裂