半導体大手は300万円超!ボーナスランク上位の顔ぶれで測る「これから伸びる」企業と業界【表解説付き】

公開日: 更新日:

 今冬のボーナス支給額は前年から若干のプラス──。民間シンクタンク各社の予測によると、1.2~2.6%増加する見込みだという。一方で10月の消費者物価指数は2020年基準で103.7となっており、物価上昇に、賃金の上昇が追いついていない状況だ。

  ◇  ◇  ◇

■民間平均は39万458円

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングが出した「2022年冬のボーナス見通し」は、民間企業が前年比2.5%増の39万458円。コロナ禍で取りやめていた企業で支給が続々と再開しているものの、コロナ前の水準までには届かない見込み。ちなみに、9日に支給される国家公務員の平均は65万1100円(同0.1%減)となっている。他のシンクタンクも、みずほリサーチ&テクノロジーズが1.2%、日本総合研究所が1.8%、第一生命経済研究所が2.6%の上昇と予測している。

 もっとも、ボーナスからは税金保険料がしっかり徴収される。健康保険料は毎月の標準報酬月額と同じく、標準賞与額の18.3%(労使折半)が天引き。標準賞与額が40万円であれば、3万6600円も支払わなければいけないことになる。

 また、ボーナスの支給対象は正社員のみとしている企業が多く、契約社員やパート・アルバイト従業員は対象外がほとんどだ。さらに業種別でも大きな差がある。

 厚労省「毎月勤労統計調査」によると昨冬のボーナスは、「電気・ガス業」が79万4941円で最も多く、「情報通信業」の67万1032円、「金融業、保険業」の62万5813円が続いた。その一方で「飲食サービス業」は5万6091円とスズメの涙。企業規模による支給額の差も顕著で、従業員数500人以上の平均が62万1724円に対し、100人未満はその半分程度にとどまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

  2. 2
    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

  3. 3
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  4. 4
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 5
    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

  1. 6
    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

  2. 7
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 8
    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

  4. 9
    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

  5. 10
    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日

    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日