ウクライナのロシア内陸部「連続攻撃」を読む やっぱり裏に米国がいるのか

公開日: 更新日:

 ウクライナがロシア内陸部の空軍基地に相次いでドローン攻撃を仕掛け、国際社会に衝撃が広がっている。

 ロシア中部クルスク州の飛行場で6日、燃料タンクがドローンによる攻撃で炎上。5日には、ウクライナ国境から約500キロも離れた内陸部2州の空軍基地も攻撃を受けた。1カ所はモスクワまで約200キロという近さだ。空軍基地には核兵器が搭載可能な爆撃機が配置されていた。

 ウクライナは攻撃実施について明言していないが、米シンクタンクの戦争研究所は「ウクライナはロシアの後方地域を攻撃する能力を誇示した」との見方を示し、米ニューヨーク・タイムズは、ウクライナ政府高官が攻撃への関与を認めたと報じている。

 ロシア領土内への攻撃がプーチン・ロシアを刺激するのは間違いない。実際、ロシアはドローン攻撃の数時間後、ウクライナ全土をミサイルで攻撃している。

 これまでウクライナは、ロシア領土内への攻撃は避けてきたのに、なぜ急に攻撃を始めたのか。

 ウクライナのポドリャク大統領府顧問は「ロシアは、他国の空域に何かを発射すれば、未知の飛行物体が遅かれ早かれ発射地点に戻ってくることを知るべきだ」と好戦的だが、大丈夫なのか。国際ジャーナリストの春名幹男氏はこう言う。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実