堀江謙一
著者のコラム一覧
堀江謙一海洋冒険家

1938年、大阪市生まれ。関西大学第一高卒。62年、世界最年少の23歳で単独無寄港太平洋横断。著書「太平洋ひとりぼっち」はベストセラーに。82年、約4年間にわたり世界初の縦回り世界一周に成功。今年6月、83歳の世界最高齢で再び太平洋横断を達成した。

ヨットで世界一周 心の底からやりたいと思うことに理由はない

公開日: 更新日:

 1945年8月15日のことは今でも鮮明に覚えています。

 当時は夏の暑い時期だったのに、夏休みではありませんでした。空襲やら何やらで勉強をする時間が足りなかったのか、その日も学校に行っていました。小学校1年生で、学校帰りにトンボ捕りに出掛け、自宅に戻ったら母から「日本は戦争に負けたよ」と聞かされたのです。

 両親は毎日、ラジオを聴いていて、スピーカーからは大本営発表が流れていました。「敵の飛行機を何機やっつけた」という情報が耳に入ってくるのですが、「毎日、同じ話をしているなぁ」と思いました。実際に撃ち落とした飛行機は10機だったり、20機だったりしたはずなのに、同じことを言っているようにしか聞こえなかったのです。「ラジオで『日本軍が絶対勝つ』と言っていたのに負けたんだ」と思ったのをよく覚えています。

 敗戦が人生に影響することはありませんでした。まだ小学校1年生でしたから。戦後は戦地に赴いた人の話を聞くわけですよ。その人は、いかに自分が勇敢に戦ってきたかという話をします。それで話の最後に「若いヤツが戦うのは無理だろうな」と決まって話すのですが、「そんなことないよ」と心の中で思いながら聞いていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実