上昌広
著者のコラム一覧
上昌広医療ガバナンス研究所 理事長

1968年兵庫県生まれ。内科医。東京大学医学部卒。虎の門病院や国立がん研究センター中央病院で臨床研究に従事。2005年から16年まで東京大学医科学研究所で、先端医療社会コミュニケーションシステムを主宰し、医療ガバナンスを研究。16年から現職。

世界では推奨されていないのに…「大正製薬」の肥満治療薬の効果と副作用

公開日: 更新日:

 11月28日、厚労省の専門家部会が、大正製薬の肥満治療薬オルリスタット(商品名アライ)を、医師の処方箋が要らない一般用医薬品として承認することを了承した。多くのメディアは好意的に報じているが、実態は違う。ご紹介しよう。

 肥満治療薬は、世界のメガファーマがしのぎを削る成長領域だ。近年、肥満は高血圧や糖尿病などと同じ慢性疾患の一つと認識されるようになり、薬物療法が模索されている。一部の糖尿病治療薬に体重減少作用があることが臨床試験で証明され、新薬の開発が加速している。

 最近、米イーライリリーが開発するモウンジャロが米食品医薬品局(FDA)から迅速承認指定を受けた。この薬は、今年5月に2型糖尿病治療薬として承認されたばかりの新薬で、肥満に対する治験では体重を20%以上減少させる効果が示された。現在の肥満治療薬の世界市場は24億ドルだが、2028年までに112億ドルに達すると考えられている。

 では、オルリスタットはどうか。古い薬だ。2007年2月に米国で承認されて以降、世界70カ国以上で一般用医薬品として承認されており、中国などアジア諸国でも20年以上前から販売されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈