TBS番組がパンケーキ酷評で矢面に…炎上しないSNS運用法を“火消しのプロ”が指南「中の人は複数で」

公開日: 更新日:

 TBSのバラエティー番組が、ロイヤルホストのパンケーキを酷評したことで、番組や審査員が炎上状態になっている。ロイホには「くじけずに味を守ってほしい」とエールが送られる一方、過去にも酷評炎上の前科がある番組には「打ち切り」を望む投稿が相次ぐ。コトの成り行きは見守るとして、炎上から自分の会社を守るにはどうすればいいか。

 ◇  ◇  ◇

 問題の番組は、TBS系の「ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」。11月26日の放送で、審査員の料理人7人がロイヤルホストの看板メニューのひとつ「パンケーキ」を審査した結果、そのうち6人が不合格を挙げた。

 その理由は「家でも焼ける」「古い」とケチョンケチョン。まったく気遣いのない表現で、ロイホファンは「ボロクソに言われて腹が立つ」「この値段(税込み495円。一部店舗は同550円)であの味だぞ」「番組を見てかなり不快な気分」と怒り心頭だ。

 今年の元日特番ではファミリーマートの「和風ツナマヨ」が酷評されたこともあり、ネット上には番組の「打ち切り論」まで飛び出す始末だが、ここにきて番組出演経験のあるパティシエが「番組のヤラセなし」をPRしたり、タレントがロイホを応援したり……。賛否両論入り乱れていて、事態はしばらく収束しそうにない。

「今回の一件を対岸の火事と悠長に構えるのは、よくありません。炎上は誰にでも、どの会社でも起こりえます。特にSNSは要注意です」

 こう言うのは、働き方改革総研の代表・新田龍氏だ。悪評が立った会社のレピュテーション(評判)を改善することを得意とする、いわば“火消しのプロ”だ。

 そういえば今年4月、吉野家の元常務が早大の社会人向け講座に登壇。若い女性向けマーケティング戦略を「生娘をシャブ漬け戦略」と紹介して物議を醸した。それが大炎上したのは、受講生のSNS投稿がキッカケだった。

 SNSは、悪事を公にする“武器”にもなり、投稿内容によっては自分で自分の首を絞める“炎上材料”にもなる。サラリーマンや会社が気をつけたいのは、もちろん後者だ。では、どんなことに注意すればいいか。新田氏に聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈