全米驚嘆の奇跡!送電塔に突っ込んだ小型機が電線に支えられ墜落を免れた

公開日: 更新日:

 米国で小型機が送電塔に突っ込んだが、奇跡的なバランスで送電線に支えられて墜落を免れた! 機内の2人も無事で、全米で驚嘆の声が上がっている。

 操縦していたのは首都ワシントンに住むパトリック・マークルさん(66)、同乗していたのはルイジアナ州マレロに住むジャネット・ウイリアムズさん(66)。

 11月25日夜、2人は「ムーニー・マイクP20」という単発小型機でメリーランド州ゲーサーズバーグのモンゴメリー郡立空港を目指して飛んでいた。

 空港近くで、厚い雲のため視界不良の中、高度を下げて飛行していた時、送電塔に突っ込んだが、絶妙なバランスで止まり、墜落を免れた。パトリックさんは機内から911番緊急通報し、救助を求めた。

 通話記録によるとパトリックさんは「信じられないかもしれないが、乗っている小型機が送電塔に張りつけになっている」と説明。

「幸いなことに風がほとんどないけど、強風が吹いたらあの世行きだ」

もっと大きな事故につながった可能性もあった

 事故のために、辺り一帯は停電した。しかし救助に当たったモンゴメリー郡消防救急本部は、安全を確保するため、電力会社に送電を完全に停止するよう要請。現場に駆けつけた救急隊員はサーチライトで事故機を照らし、特殊なクレーン車と消防車を使い26日未明に機内の2人を救出した。

 ジャネットさんは肋骨数本を骨折し、頭に深い傷を負うなどの重傷。パトリックさんも頭に軽傷を負ったが、命に別状はなかった。

 それにしてもまさに危機一髪。奇跡的な出来事だった。もし機体の一部がむき出しの送電線に触れていれば、感電して燃料タンクのガソリンが爆発していた恐れも十分にあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈