カテリーナ流タフな“営業スタイル”…子供を連れ楽器を持って全国のステージへ立つ

公開日: 更新日:

 ウクライナの伝統楽器バンドゥーラ奏者のカテリーナさんは妊娠中から出産後も演奏できる場所を探しながら仕事を続けていた。

「最初はコンサートをやってもお金になりませんでした。それに週末の土日は子供を旦那さんにお願いして行っていたので、ある時『もう家族もいるからそこまでやらなくてもいいじゃないか』って言われたんです。でも私は有名じゃないし、事務所にも入っていないので小さな仕事からスタートするしかないとずっと思っていました。それになによりも好きな音楽を続けたかった」

 そして赤ちゃんがまだ4カ月の時、音楽活動は誰にも頼らず、自分自身で頑張ろうと決心したことを思い出し、「それなら一人で頑張るよ」とカテリーナさん。

「子供をおんぶして、楽器と荷物を持ってコンサートに行きました。ステージの前にミルクをあげて寝かせて、本番中はスタッフの方に見てもらって、歌い終わったら戻ってきてまたミルクを飲ませ、帰宅するのはそれからです。でも、帰り道で『子供を連れていても一人でできる!』って思いながら(笑)」

■函館にも7カ月の赤ちゃんを連れて

 その後、函館で行われた音楽の祭典にも7カ月の赤ちゃんを連れて向かった。

「リハーサルの時はずっとおんぶしながら楽器を弾き、音合わせし、本番の時はスタッフの方に遊んでいてもらったんですよね」

 しかし、そんな大変な思いをせずに、子供がまだ小さい間は家にいた方がいいのではと思うこともあった。

「今振り返ると、赤ちゃんを連れて、楽器と荷物を持って日本全国のステージに立つのはプロとして頑張ると言いながらも大変でした。でも、子供が邪魔だなんて考えられませんでしたし、周りにも大変だとは思われたくなかった。小さな子供がいても夢があるなら頑張れるって自分に言い聞かせました」

 時々やむなくベビーシッターに依頼することもあったが、こうしたカテリーナ流のタフな営業スタイルが子供が2歳になり、保育園に預けられるまで続いた。

 今週もウクライナのおもてなし料理を紹介。10月24日に開催したカテリーナさんが主宰するイベント「ウクライナ料理と音楽の夕べ」で振る舞った「ビーツのシュバサラダロール」。

 シュバとはニシンのこと。ビーツ色が鮮やかでクリスマス料理にもいいかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  2. 2
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 3
    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

    貧困で4キロ徒歩通勤 途中で1.5万ドルを発見した米72歳女性が警察に通報したら…

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  1. 6
    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

    NHK武田真一アナが“日テレ朝の顔に”? 有働由美子の影響だけじゃない、転身もう一つの理由

  2. 7
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 8
    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

    EXIT兼近大樹が抱える“過去”の呪縛…「ルフィ」との接点報じられ仕事への影響ジワリ

  4. 9
    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

    名だたる大企業が「下方修正」ラッシュの大波乱! 賃上げ抑制ムードが春闘を直撃

  5. 10
    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈

    今度は吉本に隠蔽体質 EXIT兼近の「逮捕歴」口止めで露呈