実刑確定の福岡・5歳児餓死事件は「他人事ではない」 “ママ友沼”にハマり悩む母親たちの胸中

公開日: 更新日:

 11月25日、2020年に福岡県篠栗町でママ友の女と共謀し、5歳の息子を餓死させた母親に懲役5年の実刑判決が確定した。無職の碇利恵被告(40)は20年4月、ママ友の赤堀恵美子被告(49)と共謀し、当時、5歳だった三男の翔士朗ちゃんを餓死させた。

 碇被告は、赤堀被告に生活を支配されていたことから、弁護側は執行猶予付きの判決や刑の減軽を求めていたが、今年6月、1審の福岡地裁は碇被告に懲役5年の判決を下した。今月9日、福岡高裁も1審判決を支持し、碇被告の控訴を棄却。2審判決を弁護側が上告しなかったことで懲役5年の刑が確定した。

 碇被告が我が子を死に至らしめた背景には、ママ友である赤堀被告のマインドコントロールがあったとされる。とかく事件の凶悪性に目が行きがちだが、根底にあるのは狭いコミュニティで発生した、ママ友同士の"いざこざ"である。

■ママ友の遮断された狭い世界の特徴とは

 筆者も3児の母であり、まさに乳幼児の子どもを持つ母親としては他人事とは思えなかった。本当にママ友の世界は、猫の額ほど狭い。今を賑わす宗教団体も同じかもしれないが、そこには独特の世界が横たわっている。遮断された世界でしか計れない、裏を返せば、一般社会では意味をなさないルールが存在する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実