SALLiA
著者のコラム一覧
SALLiA歌手、音楽家、仏像オタク二スト、ライター

歌って作って踊るスタイルで話題を呼び、「イデア」でUSEN 1位を獲得。2018年より仏像オタクニストの活動を始め、初著「生きるのが苦しいなら」は紀伊國屋総合ランキング3位を獲得。近著に「アラサー女子、悟りのススメ。」(オークラ出版)がある。

銚子電鉄“愛ある自虐ネタ”で6年ぶり黒字! 社長が語る「ちょっと手を貸したくなる」工夫とは

公開日: 更新日:

「ぬれ煎餅」や「まずい棒」「赤字が消える! 暗記セット」などの商品が度々話題となっている千葉県銚子市のローカル鉄道・銚子電鉄がなんと6年ぶりに黒字転換した。

 純利益は21万円で、前年度の純損失741万円から黒字転換を達成。営業収益は鉄道部門が7763万円(前年度比1.2%減)となったが、副業の物販部門で売上高4億5066万円の同13.3%増となった。

 銚子電鉄といえば、「自虐ネタ」を用いた商品化がネットで定期的に話題となり、それをきっかけに銚子電鉄の存在を知ったという人も多いはず。

 一歩間違えば、ブランドイメージを損なう可能性のある「自虐ネタ」だが、ネットを中心に注目を集め、実際の利用者を増やすきっかけもつくった。銚子電気鉄道の竹本勝紀社長に成功のポイントについて話を聞いた。

「緊急事態宣言下の2020年ある日の運賃収入はたった4480円。このままでは倒産になると思い、初心に立ち戻ってネットビジネスで再起をかけようと考えました。06年に『ぬれ煎餅を買ってください。電車修理代を稼がなくちゃいけないんです』と初めて自虐ネタで発信すると、当時の2ちゃんねるを通じて話題にしていただき、売り上げが2億から4億2000万円に増え、窮地を脱したことがあったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」