“業界再編”待ったなしの今こそ…目からウロコ! 百貨店のマル得利用術

公開日: 更新日:

 セブン&アイ・ホールディングスは百貨店子会社(そごう・西武)を米ファンドに売却することを決めた。百貨店「冬の時代」は長期にわたり、年を重ねるごとに店舗数は減少し、売上高も減る。最強の流通業といわれたセブン&アイですら、デパートの再生はかなわなかった。だが、消費者目線に立てば、まだまだ賢い利用法はありそうだ。

 ◇  ◇  ◇

 百貨店OBが寂しそうにつぶやく。

「時代の流れは仕方ないと思います。でも、報道によれば西武池袋本店のあとに、ヨドバシカメラが出店する方向で話が進んでいるといいます。残念でなりません」

 セブン&アイが「そごう・西武」を傘下においたのは2006年のこと。コンビニのセブン-イレブン、スーパーのイトーヨーカドー、そして百貨店を手にし、日本初の流通コングロマリットと評された。

「今回、セブン&アイが百貨店を手放すことで流通再編が起きるのではないかとみる向きもあります。大手の高島屋、三越伊勢丹HD、J・フロントリテイリング(大丸、松坂屋)、エイチ・ツー・オーリテイリング(阪急百貨店、阪神百貨店)の4社を軸に地方百貨店を巻き込む形で動くかもしれません」(経済評論家の倉多慎之助氏)

 デパートは駅前立地も多く、ヨドバシのような家電量販店や、ニトリ、カインズなど勢いのある小売業が再編に絡む可能性も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感