池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

「パラディウム」晴雨兼用のレインブーツ サイドジップで履きやすい

公開日: 更新日:

「パラディウム」はフランスの靴メーカー。布製のアッパーにゴム製の靴底を組み合わせたブーツが有名だ。代表モデルの「パンパハイ」は見た目はハイカットのキャンバススニーカー風だが、ゴムの靴底がつま先まで覆うデザインで、「ラギッドソール」と呼ばれる靴底は凸凹が大きくグリップ力に優れている。革のブーツより軽く、カジュアルに履けることから男女を問わず人気が高いが、価格は1万5000円前後と安価なところも人気の秘密だ。過去に何度か大流行しているので、ご存じの人もいることだろう。

 このパラディウム、創業当初は航空機のタイヤメーカーだった。その後、靴底のゴムにタイヤゴムのノウハウを転用。フランス軍にブーツを供給するようになった1947年ごろから靴に特化し、以来、アッパーはファブリック、ソールとつま先がゴムというブーツで一時代を築き上げた。

 近年のヒット作は「パンパハイ」のデザインを継承しながら、防水キャンバスを用いた「シーカー」というレインブーツだ。アッパーとシュータン部分(甲を覆うパーツ)が一体化していて、隙間から水が浸入しない構造になっている。靴紐で結び上げるハイカットスニーカー型であるとともに足首の筒部分が細く、足抜けしにくく、レインブーツにありがちな、かかとが抜けて歩きづらいという不満がない。逆を言えば、履き脱ぎには靴紐を解く必要があり、少々面倒くさい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点