山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【インフルエンサー】スーパーなどに健在…令和の香具師に幸あれ!

公開日: 更新日:

インフルエンサー influencer=影響力のある人、SNSで発信力のある人

 今回はウェブのみならず、テレビニュースの女性アナが「インフルエンサーの働きで……」と口にしたほどに、世に広まっている「インフルエンサー/influencer」だ。

 幸いにも高齢のわたしは、この語に感染していない。

 が、わけても若い世代において、このマーケティング用語の感染力たるや相当なる猛威を振るっていると聞いた。

「英単語にerをつけて、『~の人』にする日本人の得意技」(編集部)

 そんなことだろうと、米法律事務所勤務のミキに問うたら。

「辞書にありました」と、驚きの回答がきた。

 * 

「Merriam-Webster Dictionary」では、今と同様の意味で「influencer」を使い始めたのはなんと1668年だという。

「そんな昔からこの言葉が使われているとは今回の調査で初めて知りました」

 そんな時代にすでに、「influencer」がいた! 想像するに当節同様、達者な弁舌を振るい、人々を扇動したのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  2. 2
    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

  3. 3
    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

  4. 4
    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

  5. 5
    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

  1. 6
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  2. 7
    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

  3. 8
    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

  4. 9
    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

  5. 10
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?