石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校Webグラフィックデザイン/ユーザーエクスペリエンス(UX)講師。株式会社eumoでUIUX/PRを担当。新宿・ゴールデン街の入り口付近の店でバーテンダーもしている。

人口減の街・横浜市金沢区で「地域創生モデル」をつくる元広告マン

公開日: 更新日:

二見翼さん(40歳)本業=専業主夫/副業=地域活動家

 二見翼さんは1歳4カ月の女児を育てる専業主夫。生まれ育った横浜市金沢区で副業的に地域活動をしている。子どもの頃から地元金沢区のお祭り「サマーフェスタ」が大好きで、いつか関わりたいと思っていたという。東京の企業に就職してからは、しばらく地元に帰るきっかけがなかったが、久しぶりに帰った地元に異変を感じた。

「あれっ、子どもの時に感じた盛り上がりが地元になくなっていたんです。自分の故郷がいつのまにかなくなってしまうんじゃないかという危機感を覚えて。寂しかったですね。東京では広告営業の仕事をしていましたが、同じ業界で働いていた今の妻と知り合って結婚。地元で私が子育てをしながら金沢区を盛り上げようと、34歳でリターンしました」

 横浜市全体では人口は増加しているが、金沢区の人口は10年以上減り続けている。2020年の調査では19万9033人と15年時から3196人減。横浜市内で最多の減少数だ。市の区別将来人口推計によれば、65年までに現在の約44%にまで人口は減少する見込み。

「地元に帰ってまずしたことは、地域の掃除のボランティアやイベントの設営などです。体を動かす仕事を中心に、できることから手伝いました。それで2、3年かけて地域に顔を知ってもらいました。少しずつ地域の人との会話も増えるという活動が数年続きました。会社員時代には海の家を使ったイベント企画を実施していて、イベントの運営には慣れていました。地元の方との会話でもイベントの経験や方法論などを話す機会も増えてサマーフェスタを含めた地域イベントの企画、集客、司会などを任せてもらえるようになっていきました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  2. 2
    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

  3. 3
    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

  4. 4
    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

  5. 5
    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

  1. 6
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  2. 7
    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

  3. 8
    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

  4. 9
    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

  5. 10
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?