南野苑生
著者のコラム一覧
南野苑生マンション管理員

1948年生まれ。大学卒業後、広告代理店に勤務。バブル崩壊後、広告プランニング会社を設立するものの経営に行き詰まり、59歳のとき、妻とともに住み込みのマンション管理員に。その体験をつづった「マンション管理員オロオロ日記」(三五館シンシャ)がベストセラーに。

ルールは破ってしまったけれど…あの世にまで持って行ってもらった縫いぐるみ

公開日: 更新日:

 管理員は原則的に、住民さんからものをもらってはいけないことになっている。住民さんの中には時期が来ると、わたしたちへの感謝の気持ちから、義理堅く付け届けをしてくれるひともいる。だが、管理会社としては、頂きものは頂戴してもよいが、お返しはしてはならないこととしている。

 そうはいっても、毎日顔を合わせ、親しみが増してくると、そこは相身互い。手作り野菜を頂いたら、家内手作りのちりめん山椒を差し上げたりするようにもなる。

 そんな管理員生活で一度だけ、管理員として禁止されている届け物をしてしまったことがある。

 住民のSさんは某一流会社を定年退職したあと、奥さんのお母さんとの3人暮らし。朝早くから勤めに出る奥さんに代わって、お義母さんの面倒を見ていた。

 寒くなってくると、買ってきた灯油を手に「ばあさんが寒がりで、大変ですわ」などと、よくお義母さんを引き合いに出しながら、にこやかに話すひとだった。

 そのSさんのお義母さんが、ある日、炊飯器が熱いが、火事にならないか心配。スイッチの切り方がわからないので、部屋まで見にきてほしいと、わたしたちに頼んできた。家内が行ってみると、中身も入ってないのに、なぜか炊飯器が過熱状態になっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ