三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

かつての大英帝国のような「太陽の沈まない国」は再び現れるのか

公開日: 更新日:

 イギリスのエリザベス女王が逝去した。在任期間世界最長の君主であるとともに、自国の凋落を目の当たりにした不幸な女王だったと思う。

 かつての大英帝国は世界中に版図を広げ「太陽の沈まない国」と呼ばれたが、19世紀末に旧植民地が次々に自治を始めると、凋落が始まる。その後の第2次世界大戦では連合国としてドイツと戦い勝者側に立ったが、アメリカの参戦なしには勝てなかった。そして戦後、世界のリーダーはアメリカになった。

「太陽の沈まない国」とは強大な力と広大な支配地域を持つ国を表した言葉だが、かつての大英帝国のような国が21世紀の世界に再び現れるのだろうか。

 ドイツの作曲家ワーグナーゆかりの地バイロイトでは毎年「バイロイト音楽祭」が行われる。近年上演のオペラ「ローエングリン」(新演出版)に出てくるのは、ドナルド・トランプ前米大統領とおぼしき男だ。彼は囚われの女王(メルケル前首相がモデルと思われる)の縄を解いて助けるが、再び縛ってしまう。

「古い体制のドイツを救ってやったのはアメリカだ」という演出意図だ。当時、トランプがEUを見捨てようとしていたことに重なる(現バイデン政権はEUとの連携を強めている)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点