今も昔も厄介な存在…陰湿な「お局さん」にギャフンといわす方法

公開日: 更新日:

 局は、宮中や貴人の邸宅に仕える女性や、その女性たちに与えられる部屋を指す。その言葉そのものに悪い意味はなかったが、会社で「お局さん」というと、中高年なら「底意地の悪いベテランOL」をイメージするはず。それが若手はそうでもないようで……。

 ◇  ◇  ◇

 気に入らない女性部下はイジメ倒し、男性には上司と部下を問わず、対応する相手を選ぶ。「お局さん」を一言で表すなら、そんなところか。意外な調査結果を発表したのが、経営コンサルティングや従業員研修を行う「識学」だ。

■意外!「仕事ができる」が52%

 20~39歳の男女300人を対象に「お局さんに関する調査」を実施。「お局さん」を“職場に長くいるベテラン女性社員”と定義した上で、属性についての質問を複数回答で尋ねたところ、「仕事ができるプロフェッショナル」が52.0%でトップなのだ(表①)。

 その特徴も興味深い(複数回答)。3番目の「仕事が早い」(32.3%)を筆頭に、「仕事のクオリティーが高い」(19.7%)、「想定外のことにも柔軟に対応する」(18.7%)、「周りの人をうまく巻き込んで仕事をする」(17.7%)など前向きな評価が目立つのだ(表②)。

 さて、「お局さん」の由来を振り返ると、1980年代後半とされる。88年に出版された「部長さんがサンタクロース」は、お茶くみ10年のベテラン女性を嫌みなタイプに設定。「お局さん」そのものだが、言葉が定着したのは翌89年だ。

 その年は、NHK大河ドラマで「春日局」が放送された。春日局は3代将軍徳川家光の乳母で、大奥の基盤を整備した立志伝中の女性だ。それまで強い女として描かれることが多かったが、脚本家の橋田寿賀子は徳川家を支えた献身的な女性としてとらえている。

 陰湿な印象にはそぐわないが、大原麗子が演じて最高平均視聴率39.2%を記録した。だれもが「つぼね」を口にするようになり、先行した本のイメージとその響きがなぜか重なって、「お局さま」が定着したのかもしれない。

 くしくも来年1月からNHKドラマ10で「大奥」がスタート。春日局役は斉藤由貴に決まった。

 本当の春日局には、デキる女の一面もある。今回の調査はそこを反映しているのかもしれないが、2つの質問ともそれ以外は従来型の陰湿さを象徴する答えが大半だ。

 表①の属性ランキングでは2位以下に「噂話、陰口などが多いおしゃべり」(43.3%)、「機嫌の浮き沈みが激しいヒステリー」(36.3%)が続く。表②の特徴ランキングでトップは「プライドが高い」(34.3%)で、2位は「機嫌の浮き沈みが激しい」(33.3%)。特徴を示す14項目中9項目が従来型の「お局さん」の特徴だから、やっぱり陰湿さが強いことが見て取れる。

 このギャップは、「相手によって態度を変える」属性や特徴が関係するのだろう。「お局さん」にとってプラスの男性の前でのマジメな仕事ぶりが、一部からの高評価につながると解釈できなくもない。

 そこに着目すると、お局は今も昔も厄介な存在だ。働き方改革総研の新田龍代表が言う。

「陰湿な局は、気が小さく、自己肯定感も低い。それで、自分の縄張りを荒らされることを恐れ、自己防衛本能から周りに攻撃的になったり、陰湿になったりしている可能性が高い。周りはそんな性質をよく理解していることが多く、被害者には同情しますが、無理に取り入ろうとすると、『アイツはお局に迎合している』と距離を置かれやすい。陰湿な局には、好かれても、嫌われても、面倒なだけ。うまく距離を取って論破したりせず、粛々と対応するのが無難です」

 それでも、思いもよらぬ行動を取るのが、お局だ。イジメられたり、嫌がらせを受けたりしたら、どうするか。新田氏にその対応を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害