元信者が語る旧統一教会の手口 私はこうして「勧誘される側」から「する側」に回った

公開日: 更新日:

「全国霊感商法対策弁護士連絡会」が16日、都内で集会を開催。旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の元信者が教団の勧誘方法について、生々しい体験談を語った。

 2010年夏、専業主婦のAさんが自宅の玄関先で掃除中、60代の婦人から「家系に興味ありますか?」と声を掛けられた。明るくて品があり、好印象だった。Aさんはちょうど「先祖について知りたい」と思っていて、つい話に耳を傾けた。

 婦人は「家系を学ぶカルチャーセンターから来た」と言うだけで、団体名は明かさなかった。当初、誘いを断っていたが、度々、訪問を受けるうちに「行かないと悪いかな」と思うようになり、Aさんは家系図の先生の講演会に参加した。

 講師は「高野山の僧侶の孫」と名乗り、「子孫に影響を与えるから先祖供養が大事」「学びを始める必要がある」「今日は特別に四柱推命を使った鑑定をしてあげる」と家族の生年月日を聞いて鑑定を始めた。Aさんには当時、大学生と小学生の子どもがいた。

「来年1月までに何とかしないと、長男の命に関わることが起こる。先祖供養をするために家系図の勉強をしばらく続けましょう。お母さんが頑張らないといけない」と、使命感と不安をあおられた。団体が「統一教会」と知ったのは、しばらくしてからのことだった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感