安倍元首相の国葬に漂う既視感の正体は…エリザベス英女王の国葬に想うこと

公開日: 更新日:

 エリザベス女王の逝去により、英国でも、奇しくも同じ9月に国葬が行われることになった。かの地の様子をリアルタイムで追いかけながら、わが国を省みる格好となり、安倍元首相の国葬反対の声は強まる一方だ。国葬に値するか疑問の声も上がる安倍元首相のために、ましてや37億円だか2億円だか16億円だか(だからどれやねん)の血税を投じるとは、いかがなものか、と。

 国葬をめぐる「決定→批判噴出→迷走(でももう後に引けない…)」の流れ、なんか既視感があると思ったら、東京オリンピック・パラリンピックの時とそっくりだ。事後のゴタゴタまで同じにならないといいが……。ともあれ、いずれも日本が国際的な場を主催する機会であることは注目に値する。海外に日本の威信を示す場を目撃する国民は、仕掛け人(今回の場合は岸田総理)を高く評価するはず……という皮算用は、今回も裏目に出た。

■日本人の「海外ばえ」至上主義と裏返しにある自己卑下

 だからそういうとこ! と批判を招いているこの種のもくろみには、その批判する側にもブーメランな、すぐれて日本的なメンタリティーが見え隠れする。なにせ、安倍元総理シンパが口を揃えて称えるのが、海外の要人と堂々と渡り合う外交力。逆に言えば、国際的にバエない政治家は、国内で粛々と仕事をしてもあまり評価(人気)が上がらない。国際首脳陣のトークの輪に入れず、ぽつねんと佇む首相の写真でも見かけようものなら、異様にふがいなく思ってしまう。外交力が日本の将来にとって重要な鍵であるのだとしても、この「海外ばえ」への評価偏重には、やはり独特のものがある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問