安倍元首相“アベノゴロク”は日本語メチャクチャ 国会答弁では3つのワードで嘘を上塗り

公開日: 更新日:

 安倍元首相の発言は本当に聞き取りづらかった。言語不明瞭、意味不明。文節の区切りはデタラメ、句点なしでダラダラ。舌足らずも相まって、聞く気を失せさせた。保守派のアイコンとして日本の伝統にやたらこだわったにもかかわらず、日本語をメチャクチャにした。

 共謀罪をめぐる国会審議では、処罰対象について「そもそも、犯罪を犯すことを目的としている集団でなければなりません」(2017年1月26日衆院予算委員会)と明言。ならば、当初は健全団体であれば、犯罪組織に変貌しても対象にならないのか? 野党からそうした追及を受けた安倍は、「そもそも」の意味を辞書で調べたと強調した上で、「〈基本的に〉という意味もあることもぜひ知っておいていただきたい」と強弁。しかし、国会図書館に現存する国語辞典には「基本的に」とする辞書はひとつもなかった。

 都合の悪い質問をはぐらかし、嘘を上塗りする中で安倍が多用したのが「いわば」「中において」「まさに」の3ワードだ。「国会審議映像検索システム」で検索すると、山ほどヒット。ホンの一部だけ紹介する。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点