第2次安倍政権以降、経済格差が広がって自己肯定感が下がり、抗議しない社会になった

公開日: 更新日:

中村文則(作家)

 今年7月の参院選挙期間中、各候補者の演説をユーチューブで見ていた時、質疑応答で聴衆からこんな声が上がった。

「私は将来介護を受けるつもりはない。だから介護保険料を払いたくない」

 正確な言葉ではないが、こういう意味だった。今の社会を如実に表す言葉だと感じたが、このことは後で再びふれる。

 第2次安倍政権以降、経済格差が広がってしまった。社会は共存から対立への傾向がより強くなったと感じる。格差が広がっても自分たち(政権)のせいにしようとしないため、まるで政策ではなく貧しい側が悪いという「自己責任論」を陰に陽に撒き散らすことにもなった。テレビに出る(是々非々のふりをした応援団の)論客たちもそれを後押しした。「社会ではなく私のせい」となるため国民の無意識下の自己肯定感も自然と下がっていく。社会がすさんでいくのは当然と言える(ちなみに安倍政権が失業率を改善させたとするデマがあるが、少子高齢化の影響に過ぎず、旧民主党政権時代から改善が始まっていたのはデータを見れば明らか。安倍政権以降、日本は賃金が諸外国と比べずっと低い)。自己肯定感が下がると自分を責めてしまうから、社会への抗議も減っていく。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害