ロシア経済制裁でウオッカが禁輸に…日本では飲めなくなるのか?

公開日: 更新日:

 ロシアによるウクライナ侵攻の結果、日本でも4月19日からロシアに対する禁輸措置が実施されるなど日ロ関係は悪化している。米国ではロシアの酒の代名詞ともいえるウオッカのボイコット運動も起きたというが、プーチン大統領とロシアの食文化は別のものだろう。日本国内のウオッカは今後どうなるのか。日本ウォッカ協会代表の遠藤洋子さんに話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 いきなり結論を言ってしまえば、日本国内でウオッカ自体が飲めなくなる心配はない。

 世界4大スピリッツの一つ、ウオッカ(アルコール度数は40度程度)はロシアだけでなく世界各国や日本でも生産されているからだ。輸入額を見ればロシアはベスト10に入るものの、しばらく5位か6位。ランキング上位の常連は、英国、フランス、米国、ポーランドの4カ国。

 近所のスーパーでもおなじみのスミノフ(SMIRNOFF)は米国産だし、ズブロッカ(ŻUBRÓWKA)はポーランド産、ストリチナヤ(STOLICHNAYA)はロシア生まれだが現在日本に輸入されているのはラトビア産。ロシア語ですらないアブソルート(ABSOLUT)はスウェーデン産で、ジンでも知られるギルビー(GILBEY)は英国の会社だが、2019年までは韓国で生産されたウオッカが日本に入ってきていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感