藤倉善郎
著者のコラム一覧
藤倉善郎ジャーナリスト

1974年、東京生まれ。ジャーナリストとして、カルト問題を20年以上にわたり取材。2009年にニュースサイト「やや日刊カルト新聞」を創刊し、統一教会問題を取材するジャーナリスト・鈴木エイト氏とともに活動中。著書に「『カルト宗教』取材したらこうだった」(宝島SUGOI文庫)、「徹底検証 日本の右傾化」(共著、筑摩選書、塚田穂高編著)など。

Qアノン支部を自称する「神真都Q」 ワクチン会場“襲撃”で13人逮捕後、離脱者が続出

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスが世界に広まり、日本でもマスク着用やワクチン接種といったさまざまな対策が進んだ。そんな中、マスクやワクチンを有害だとして反対する“反ワクチン”の団体がいくつも登場。なかでも強烈なのが、今年1月から全国同時多発デモを繰り返している「神真都(やまと)Q」だ。

 団体名に「Q」の文字を入れているのは、トランプ前米大統領を支持する陰謀論集団「Qアノン」の日本支部を自称しているからだ。実際には、QアノンはSNSなどを通じて結びつくさまざまな団体・個人の総称で、アメリカに「Qアノン」という特定の団体が公式に存在するわけではない。従って日本支部も存在しない。

 神真都Qは「世界の政治や金融はディープステート(影の政府=闇の勢力)に支配されている」といったQアノン陰謀論を信じる一方で、独自の宗教的世界観を持っている。「大和民族は善い宇宙人と竜神の遺伝子を受け継いだ民族」としており、闇の勢力に支配された世界の人々を覚醒させる使命を負っているのだという。

 その手段として神真都Qは、今年1月から反ワクチンデモを全国で開始。「新型コロナウイルスは存在しない」「コロナワクチンは有害であり、人口を削減させる闇の勢力の陰謀」という彼らにとっての「真実」で日本人を「覚醒」させようとした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声