「コケコッコー!」毎日200回は拷問? ドイツで隣家のニワトリを巡り裁判に

公開日: 更新日:

 隣家で飼われているおんどりが四六時中、トキの声を上げるのに辟易したドイツの高齢夫婦が、おんどりの“撤去”を求めて飼い主を訴えた。裁判の行方に注目が集まっている。

 訴えを起こしたのは、北西部バートザルツウフレンに住むフリードリヒ・ビルヘルム・Bさん(76)と妻のユッタ・Kさん(77)。隣人のミヒャエル・Dさんが飼っている「マグダ」というおんどりが朝8時頃から日没まで毎日200回前後も凄まじい音量で「コケコッコー!」と鳴くという。

 2人の弁護士によると、マグダの鳴き声の大きさは80デシベル。「走行中の電車内」「間近の救急車のサイレン」「パチンコ店内」などの騒音と同レベルだ。

 夫妻はミヒャエルさんに「マグダを何とかして欲しい」と長い間、説得を続けたが、らちが明かないため、法的手段に訴えたという。

「お隣さんはおんどりを手放さないので、私たちは我慢し続けるか、裁判に勝つかしかないんです。(あまりにうるさくて)庭に出られないし、窓も開けられないんです。耐え難いことです」とフリードリヒさん。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声